ニュース/アーカイブ

第11回 NL養鶏セミナー 2017年10月16日
nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi    今年2回目となる「第11回NL養鶏セミナー」を開催し、生産者の方々69社119人にご参加頂きました。多くの方々にご参加頂き、ありがとうございます。
   今回は、ハイライン社のイアン・ルビノフ氏が、今夏ヨーロッパや一部のアジアの鶏卵から殺虫剤成分フィプロニルが検出された状況について、養鶏場で使用された背景やその特性、そして現状の問題や今後の各分野への課題などについて紹介、また、ボリスブラウンの産卵率や卵重などの生産目標に関わる様々な管理上のキーポイントを海外の野外成績やテスト状況を交えながら紹介しました。
   午後からは中部飼料株式会社 研究技術部 森本高弘氏をお招きし、トータルアミノ酸から有効アミノ酸への考え方の必要性やその利点などを踏まえ、配合シミュレーションを使って有効アミノ酸の有効性について分かりやすい説明をして頂きました。
   最後に、イーダブルニュートリション社のプロダクトマネージャーであるティモ・ロスシュタイン氏からは、鶏の腸内感染症におけるフィトバイオティクスの定義およびその商品であるActivoとActivo Liquidに関する野外試験を基にしたそれらの有効性などの紹介をして頂きました。
   また、日本レイヤー渇c業部からは、皆様からご提供頂いたハイライン鶏のデータを基にした野外成績の紹介をしました。
第10回 NL養鶏セミナー 2017年4月7日
nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi    今年も名古屋国際センターで「第10回NL養鶏セミナー」を開催し、日本各地の鶏卵生産者ら123人にご出席頂きました。毎度、多くの方々にご参加頂き、ありがとうございます。
   セミナーでは、ローマン社国際営業部長のロン・イーク氏が「採卵鶏の若メスの骨の持続性」と題して講演し、ローマン鶏の骨の強化に関する育種改良の情報などを紹介。「世界での鳥インフルエンザ発生状況と産卵成績に影響を与える病気」について講演した同社獣医学研究所獣医師のアトゥーサ・マザヘリ氏が、昨今の海外における鳥インフルエンザの発生状況やその対応を、さらに産卵に影響する代表的な病気についてその症状や原因などを写真や図を織り交ぜて講演頂きました。
   午後には同社栄養学者のロバート・ポットゲッター氏から「バイオセキュリティのための飼料処理、添加物の費用対効果」について講演、飼料品質に対しローマン社の専用飼料工場の事例を交えながら衛生面、栄養面、技術面からそれぞれ重要な点について説明、また、消化管を健康にする給餌として、添加物や加工処理についてコスト面を踏まえて講演頂きました。
   日本レイヤー渇c業部からは、国内生産者の方々からご提供頂いたジュリアとジュリアライト鶏のデータを基に、各項目ごとの成績や上位成績鶏群の結果やその傾向などについてご紹介させて頂きました。
第9回 NL養鶏セミナー 2016年9月9日
nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi    第9回NL養鶏セミナーを開催し、東日本〜西日本地区の生産者の方々を中心に103名にご出席頂きました。アメリカ鶏卵事情の最新情報、生産寿命に関する栄養的推奨事項、国内のボリス・ソニアの野外成績、赤外線ビークトリミングについて講演を行いました。
演題
   1「アメリカでの鶏卵生産と価格」
ハイラインインターナショナル社 イアン・ルビノフ獣医師
   2「生産寿命を長くするための若めすと成鶏の栄養的な推奨事項」
ハイラインインターナショナル社 マーカス・ケニー氏
   3「ボリスブラウン、ソニアの野外成績」
日本レイヤー梶@技術情報課
   4「赤外線ビークトリミングについて」
ノバテックエンジニアリング社 アンドリュー・ゴマー氏
金美淑氏
第8回 NL養鶏セミナー 2016年4月8日
nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi    第8回NL養鶏セミナーを開催し、東日本〜西日本地区の生産者の方々を中心に約143名にご出席頂きました。ジュリア鶏の育種の最新情報、アセアン地域の鶏卵事情、国内のジュリア鶏の野外成績、育成成鶏期の体重管理等について講演を行いました。
演題
   1「ジュリア鶏の成績の変化と今後について」
ローマンティアルツァクト社 マティアス・シュムツ博士
   2「ASEAN地域の鶏卵生産について」
ローマンティアルツァクト社 サイ・リンリン氏
   3「ジュリア鶏の野外成績」
日本レイヤー梶@技術情報課
   4「育成期と成鶏期の体重管理について」
ローマンティアルツァクト社 ロン・イーク氏
第7回 NL養鶏セミナー 2015年9月15日
nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi    今回も生産者の方を中心に約102名の方にご参加頂きました。米国での鳥インフルエンザの発生状況や課題、米国採卵農場の紹介、ハイライン鶏の野外成績の紹介および栄養管理などについて、養鶏技術に関するセミナーを行いました。
演題
   1「米国での鳥インフルエンザの状況」
ハイラインインターナショナル社 イアン・ルビノフ獣医師
   2「ハイライン鶏の野外成績の紹介およびボリスブラウンへのナタネ粕の給与について」
潟Qン・コーポレーション 技術情報部
   3「ダコタレイヤーズの紹介」
ダコタレイヤーズ社 ブランドン・ギブソン氏
   4「マリアの栄養管理について」
ハイラインインターナショナル社 ロバート・ヴァン・ワイヘ氏
第6回 NL養鶏セミナー 2015年4月3日
nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi    ジュリア鶏を中心とした育種改良の現況と養鶏技術向上のための「第6回NL養鶏セミナー」を開催しました。各地の鶏卵生産者ら約125人にご参加頂き、育種の最新情報と孵化場の内部施設、ジュリア鶏の国内での野外成績、換羽の効果と経済性について講演を行いました。
演題
   1「ローマン育種の最新情報」
ローマンティアルツァクト社 ルドルフ・プライジンガー博士
   2「孵化場の内部設備の紹介」
   3「ジュリア鶏の野外成績」
日本レイヤー梶@技術情報課
   4「換羽は行なうべきか?」
ローマンティアルツァクト社 ロン・イーク氏
第5回 NL養鶏セミナー 2014年9月5日
nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi nlsemi    名古屋国際センターにおいて、第5回NL養鶏セミナーを開催し、総勢約120名の方々にご参加頂き、ハイライン鶏の育種改良の現況と将来、米国における鶏卵取引、採卵養鶏の概要、米国レイヤー農場とGPセンターの衛生管理など、養鶏技術向上のためのセミナーを行いました。
演題
   1「ハイライン社の研究プログラムにおける最新の育種改良」
ハイラインインターナショナル社 ペテック・セッター博士
   2「アメリカの鶏卵の生産・利用・流通について」
ローズエーカーファームズ社 ダニエル・ウイルソン獣医師
   3「米国におけるレイヤー農場とGPセンターの衛生管理」
ハイラインインターナショナル社 イアン・ルビノフ獣医師

ハイデオサービスチップス   リンク先:潟Qン・コーポレーショ

No.146NEWUP 「採卵鶏における大腸菌症の概要」
No.140 「養鶏における照明について」
No.139 「レイヤーにおける暑熱ストレスについて」
No.128 「卵質の科学」
No.127 「産卵における骨格の役割を理解する」
No.126 「ハイライン コマーシャル鶏の育成管理」
No.115 「ハイライン ソニアの性能を引き出すための新指標」
No.109 「ボリスブラウンの性能を引き出すための新指標」
No.108 「暑熱ストレスの軽減」

「いかにすぐれた能力を素質的に有する鶏であっても、飼養管理の技術的裏付けなくして能力を発揮しうるはずはない。海外から日本の養鶏家にとって参考となる新しい技術や進んだ情報を取り入れ、これを鶏とともに提供したいというのが夢である」当社創業者のこのような理念に基づき、創業以来当社では日本の養鶏家へ数々の新技術を紹介してきました。

※潟Qン・コーポレーション「ハイデオ養鶏技術情報」より抜粋。

tech tech